アンプルール 副作用

アンプルールの副作用「乾燥」は当たり前。放置すると肌荒るリスク激高

アンプルールは、シミの消しゴムと異名の名をもつほどシミ・美白に効果的な基礎化粧品です。そして医師の高瀬聡子先生が開発したドクターズコスメでもあります。

 

ビタミンCより、アルブチン、コウジ酸の100倍もの美白効果があると言われているハイドロキノンを高濃度に配合しているアンプルール。ハイドロキノン入り化粧品は副作用があるんです。

 

 

今回のお話は、アンプルールの副作用についての話です。
副作用があるからアンプルールは使わないというのは非常に勿体ない事。
肌に合わないと、副作用は全く別物ですからね。

 

 

 

 

 

アンプルールの副作用は「乾燥」l。これは致し方ない事

アンプルールに配合されているハイドロキノン。
この成分はもともと医師の処方がないと使えない成分でした。
ハイドロキノンは、一般的美白成分の100倍もの効果があるからです。

 

過剰に増加してしまったメラニン色素還元作用にによりシミを薄くし、改善してく効果があるので採用の美白成分として美容皮膚科でも積極的に取り入れている成分ですね。

 

そして2001年の法の緩和により化粧品にもハイドロキノンは一般使用を許されたんです。
しかし、そのまま使うとどうしても肌に刺激が多かったり、さらには熱に弱かったり弱点だらけだったんです。

 

 

そのハイドロキノンの弱点である刺激・熱に対する弱い点をマイクロカプセル化をしてハイドロキノンをより安全に使用できるように高瀬先生は改良したわけです。だから、どのハイドロキノン入り化粧品よりアンプルールは安全で肌刺激を低減化されて作られているんです。

 

従来のハイドロキノンより酸化しにくく、そしてこれまでのハイドロキノンよりかなり安定して効果が発揮される上に、肌に対する負担・刺激を最大限少なく改良されました。アンプルールは世界初でこのハイドロキノンを改良し化粧品に配合したんです。

 

 

効果が強い分やはり副作用はあります。それは乾燥。
新安定型ハイドロキノンに改良されているとはいえ、やはり乾燥してしまうという口コミが多いんです。

 

 

 

アンプルール副作用で気をつけるべき点

アンプルールの副作用で気をつけるべき点は乾燥。

 

 

アンプルールをいきなり普通サイズで使う人はなかなかいないと思います。
普通は肌に合うか合わないかをアンプルールトライアルセットで試してからアンプルールの普通サイズを使っていくのが一般的な流れでしょう。

 

 

アンプルールのトライアルセットを使用中、乾燥すると少しでも感じたら手持ちの保湿化粧水でもクリームでも使って保湿をしてください。

 

アンプルールを使って乾燥していると気づいているのに放置しておくから、痒みが出たり、ぶつぶつでたりと肌トラブルが起きるです。

 

 

アンプルールを使って乾燥しているなと感じたらすぐ保湿!!これさえ徹底しておけばまずアンプルールの副作用でトラブルが起きる事はありませんね。

 

 

 

アンプルール副作用と肌に合わないは全く別もの

アンプルール副作用と肌に合わないは、全く別もの。
アンプルールを使用して、痒みがでたり湿疹が出て、保湿しても継続できないような症状だったら肌にいあわない可能性が高いです。保湿して安定して使えるのであれば、一時的な副作用だった可能性がるので継続使用できり可能性はあります。いずれにしても様子をみて使用しましょう。

使う前は必ずパッチテストをして使うと良いです。

 

 

 

アンプルール副作用まとめ 「怖がらないで使うべし」

 

 

アンプルールって副作用があるんでしょ〜

使うの怖いわ


 

なんて思っている人も少なくはないはず。
アンプルールは美白成分が高い分副作用もあります。

 

 

 

かし、アンプルールはどのハイドロキノン入り化粧品使うっていくよりかなり安全な作りですから、他のハイドロキノン入り化粧品を使うより副作用は少ないんですよ。アンプルールのハイドロキノンはマイクロカプセル化されていますからね^^

 

 

意外と、身近にも副作用って何でもありますよね。
湿布にしろ、飲み薬にしろ、なんでも副作用はあります。低確率でね。
アンプルールの乾燥も、全ての人に症状が出るわけではありませんし、試してみないとわからないという事ですね。

 

私は、アンプルールは最初はライン使いしていましたが、使っているうちに保湿が足りないな〜と感じていたので今は単品使いにして使用しています。他は保湿力が高い化粧品を使っていますね。

 

 

 

まずはアンプルールはトライアルセットから使ってみるといいですよ。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top