アンプルール 即効性

【驚】アンプルール 即効性|1ヶ月程度でシミは消えるってマジ話?


シミの消しごむと異名の名をもつアンプルール。
美白ケアをしている女性や、シミケアに力を入れている女性は特に使用をしようか考えた事がるコスメではないでしょうか。

 

 

アンプルールは、美白コスメの中でも知名度は高く、効果的という事はSNS上でも人気ですからね。

 

 

今回は、アンプルールは即効性はあるのか??という話。

 

 

 

アンプルール 即効性について

アンプルールの即効性についてですが、結論から言うとアンプルールは薬じゃないのですぐ効くとかそういう効能はありません。

 

 

アンプルールには、ハイドロキノンという美白成分が配合されています。
ハイドロキノンとは、「究極のブライトニング成分」で、シミの原因であるメラニンの生成に働くチロシナーゼの活性を抑える効果が非常に高い成分で、一般的な美白成分に比べて、チロシナーゼ活性を100倍抑制する効果があると研究結果で出ています。

 

 

さらには、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用によって薄くする働きがあるので、まさに美白・シミには最強成分。

 

 

人の肌にはターンオーバーがあります。

ターンオーバーとは、めちゃくちゃ簡単に説明すると、私たちの肌ってある周期で生まれ変わっています。生まれた時と今では、全く違う皮膚を全身にまとっている。不思議な話ですよね。

 

 

もうちょっと詳しく説明すると。皮膚細胞はつねに生まれ変わっているという事。
この皮膚の生まれ変わりの事をターンオーバーと呼びます。

 

 

ターンオーバーの周期は、一番良い周期と言われているのが28日です。28日で生まれ変わっている人は肌調子が絶好調という事。また、加齢によってもターンオーバーの周期は変わってしまうんです。30日、35日・・・と遅くなるのもターンオーバーの特徴です。

美容界の専門家や、美容プロたちは、「化粧品の有効成分を肌に効かせる為には、ターンオーバーの事を考え長い目を見て3〜6カ月はじっくり使うといい効果が出てくる」と言っています。

 

 

確かに私も6カ月アンプルールを使用しシミが薄くなったと実感しています。

 

アンプルールで私が6カ月使い込んだ実際のシミ効果画像

私のアンプルールを使う前のシミの画像はこんな感じ。
お見苦しい汚いシミだらけの肌ですが、参考になれば嬉しいので後悔しますね。

 


目の下の頬骨の周辺にシミが無数に広がっている感じでした。
濃くて長年あるシミですね。

 

しかし、アンプルールを6カ月使用した結果・・・

薄くなってきていますよね。まだシミは残っていますけど。かなり薄くなってきています。ずっとコンシーラーでも隠してきたシミですが、今はファンデーションを乗せるだけで化粧は終わってしまいます。

 

あと半年・・・いや1年使用をしたらすっかりシミは解消するかな?とワクワクして使っています。

 

私のように、濃くて昔からあるシミだから6カ月という期間がかかっているのか?という個人的な感想ですが、薄いシミには2〜3ヶ月でシミが薄くなったり、いつのまにかシミがなくなったという口コミも多く見かけるので、効果期間は個人差はる事は覚えておきましょう。

 

 

私は沢山無数にあるシミは。6カ月で薄くなりました。しかし、シミの度合いでも変わりますのであなたのシミだったら2〜3ヶ月でいつのまにか消えてたなんて事もあるかもしれません。

 

 

 

本当に即効性を求めたいのであれば、アンプルールの使用はむいていないと思います。美容皮膚科で高額なシミ取りレーザーを何回もショット打ちするとシミなんてすぐ改善すると思います。

 

 

しかし、地味に長い目でアンプルールを使ってシミをなおしていきたいという事であれば、アンプルール使ってみる価値はある美白コスメだと思います。

 

 

私もここまでシミ解消効果が出ていますから。
薄化粧になったら、なんか今までの自分じゃないみたいな感覚になりますね。

 

 

あなたもシミを消したいからアンプルールを使おうと検討しているのであれば、アンプルールは即効性はないけど、マイペースに使っていく事でしっかりシミ消しゴム効果を発揮するという事を理解した上で使用するといいですよ。

 

 

即効性を求めるのであれば、美容形成外科へGO!
詳細を見てみるのであれば、公式サイトで詳細を確認するといいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る