アンプルール 使い方

アンプルールをこんな使い方したら人間失格!効果的な使い方3選!


アンプルールは、美白・シミ消しコスメで今は大人気な美白専用の基礎化粧品。

 

SNS上や美容雑誌でも人気なので、美白のケアやシミに悩む女性であれば一度は使ってみようかななんて思った事はあるのではないでしょうか。

 

そんなアンプルールですが、今回はアンプルールの使い方について書いて行きます。

 

 

 

 

 

アンプルールの使い方

アンプルールの美白セットの基本的な使い方をご紹介します。

 

まずは、使った事が無い人はアンプルールの公式サイトでトライアルセットを注文しましょう。

 

アンプルールを使う前は、必ずパッチテストをしてから使うとより安心です。

アンプルールには、ハイドロキノンという美白成分が配合されています。
美白効果が高い半面、乾燥という副作用や肌が極端に弱い人は合わないといった口コミも少しみかけます。

 

肌が極端に弱い人は必ずパッチテストをしてから使用する方が安心です。

アンプルールの美白トライアルセットはこんな感じで到着します。

洗う

まずは、メイクと落とします。
クレンジングミルクも付属されていますので、メイクをしている人はメイクをクレンジングミルクで落としてから、ブライトニングバー(石鹸)を泡立ててモコモコの泡で優しく洗顔していきます。

 

クレンジングミルクは、ポイントメイクだけ落として、ファンデーションはブライトニングバーで落ちますので、クレンジングミルクは2回くらい使用できます。少しでがっつりアイライナーもしっかり落としてくれるのでとても良きです。

 

ブライトニングバーは手持ちの泡だてネットでしっかり泡だてて使ってください、

スペシャルケア(部分用美容液)

次に、気になるシミに一点集中ケアのコンセントレートHQ110でケアをしてきます。

これは。顔全体には使用できない部分用美容液です。
頬のシミが気になるとか、ニキビ後が気になるとか、そんなちょっとした部分ケアに使用するものなので、もしシミが無い人が無理に使う必要はありません。

固いゲルタイプなので液だれする心配はありません。気になるシミに少量刷り込んでいきます。良く伸びるのでコスパも良きです。

 

気になる部位に使用するので、米粒〜小豆大位の少量で十分です。
そして、夜のみの使用です。朝は紫外線を必ず防止するようにしましょう。

 

化粧水で保湿

次に化粧水のローションAOUで保湿していきます。

結構さっぱり目な化粧水。
ちなみに超がつくほどの乾燥肌の私は、この化粧水は物足りなさを感じました。

さらっとした化粧水です。3度付けしてようやくしっとりしてきたかな・・・という感覚ですね。

超乾燥肌の私の個人的な感想なので、乾燥肌じゃない人は違う感覚だと思いますので参考程度にしてくださいね。
美容液で保湿


次に美容液で保湿。
顔全体の美白効果を高める、アンプルールの美白セットで是非使っていきたい美容液ですね。100円玉大位でたります。顔全体に馴染ませてハンドプレスする事をオススメします。

 

朝晩2回使用。

 

これは、結構保湿力が高いので、少量でのびて、もちっとした肌に仕上がるので気に入っています。

 

最後に乳液ゲルで仕上げの保湿

最後に仕上げはラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルで保湿していきます。
びっくりする位やさしい感じの乳液ゲル。ふわ〜っと肌になじみます。塗る美容点滴と異名の名を持つエマルジョンゲルは、最強美白成分のほかに、保湿もしっかり考えられて作られています。

 

エイジングケアもしっかりできるようにハリと弾力のある肌に導くのもエマルジョンゲルの役割です。

 

こちらはやや大きめのパール大で朝晩の使用をしてきます。

 

 

アンプルールを初めて使う前は必ずパッチテストを!!

アンプルールは、最強の美白成分ハイドロキノンが配合されています。

 

もともと2001年までは、あまりの美白効果が高いので医師の処方がないと使えない成分でした。そして副作用もあるんです。それは乾燥。少しでも乾燥を感じた場合はほおっておいたら肌が乾燥して痒みや炎症の原因にもなります。これはしっかり保湿ケアをしていれば全く問題がありません。

 

肌が極端に弱い人は合わない可能性もありますから、アンプルールを使う前は必ずパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

 

 

アンプルールを単品使いする場合の使い方

私は、トライアルセットを使って、別にライン使用しなくてもいいかな〜という感想。
私はポイントのシミだけを消して行きたかったので、アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110を使っていく事にしました。

 

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110を使ってシミをケアしていきながら、私は超乾燥肌なので保湿力が高いオルビスユーで保湿をしっかり行っていました。保湿もしっかり行えるし、美白ケアもできるんで最高の組み合わせだと私は思っています^^

 

 

もともと私の場合は顔全体は白かったので美白ケアは必要ありませんでした。
私と同じようにシミだけの集中ケアをしていきたいのであれば、アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110でシミケアをしていくといいでしょう。

顔全体の美白ケアをしていきたいけど、どれを単品使いしていいかわからない人は、ラグジュアリーホワイト アクティブフォーミュラで顔全体の美白ケアをしていきましょう!

アンプルールは、ライン使用したからといって効果が高くなるというわけでもありません。
一点集中ケアをしていくのか、顔全体の美白ケアをしていくのか用途のよって使い分けれるのもアンプルールの魅力。

 

単品使いでも美白効果はありますから、お気にいりの基礎化粧品+アンプルールで美白ケアでも全く問題ありません。

 

 

アンプルールのダメな使い方

アンプルールのダメな使い方は、例えばラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110を顔全体に塗るとか、ちょっと高いからぽつらぽつら週2回位使ってみようという感じだとまったく効果がありません。

 

 

効果がないというか、遅いと思います。
アンプルールをしっかり効果を感じたいのであれば、朝晩しっかり使用する事がアンプルールの効果をしっかり感じる方法です。

 

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は夜だけの使用です。

効果的に使うのであれば、毎日朝晩使用をして、美白ケアをしていく事をオススメします。

 

 

 

 

 

アンプルールの使い方まとめ!効果的に使って美白ケアを!

今回の要点を3つまとめると

  1. アンプルールはライン使用はしなくて単品使いでもしっかり美白効果はある!
  2. アンプルールは朝晩しっかり使用しよう!それが効果的な美白ケアの近道!
  3. アンプルールを初めて使う前は必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう!!

アンプルールは使いこめば、しっかり美白ケアをしていける美白専用基礎化粧品です。

 

そしてアンプルールはドクターズコスメでもありますし、アンプルールに配合されているハイドロキノンをより安全に肌に優しい処方の新安定型ハイドロキノンに改良したのも医師である高瀬聡子先生なんです。

 

だから、今はハイドロキノンは簡単に化粧品に入れられる成分になってしまい、その分考えて作られていない化粧品に関しては肌トラブルが多い事に対し、アンプルールは安定型に改良されているので、どの美白化粧品よりも安心して使っていけるという利点があります。

 

まずはトライアルセットからアンプルールを使ってみるといいですよ。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る