アンプルール ラグジュアリーホワイト

【驚】アンプルール ラグジュアリーホワイトを半年使った効果画像!


アンプルールはドクターズコスメ。医師の高瀬聡子先生が開発したシミ・美白ケアに特化した基礎化粧品。そしてアンプルールにはビタミンCやコウジ酸やアルブチンの100倍の美白効果があるハイドロキノンを高濃度に配合しているので、シミ・美白ケアには最適な基礎化粧品なんです。シミの消しゴムと異名の名をもつほど

 

 

 

その美白効果が口コミから広がり。SNS上でも美白ケアといえばアンプルールといった感じで愛用者は絶えません。アンプルールでシミが薄くなった、改善されたという人は多いんです

 

 

アンプルールのハイドロキノンは他のハイドロキノンよりは肌には低刺激なんです。

アンプルールのハイドロキノンは、医師の高瀬先生が従来のハイドロキノンだと肌に刺激が強すぎるので、ハイドロキノンを「マイクロカプセル化」にし、ハイドロキノンの浸透パワーとスピードをコントロールしながら、シミの原因である「メラニン」が生成されるメラノソームまでハイドロキノンの美白効果を運んでくれるんです

 

 

マイクロカプセル化する事によって、一気に肌に触れないので肌の刺激が軽減されています。

 


から、他のハイドロキノン入り化粧品を使用するよりはよりは、アンプルールの新安定型ハイドロキノンは安全という事になります。

 

今までハイドロキノン入り化粧品で肌荒れした人は、アンプルールの新安定型ハイドロキノンであれば使えるという人も少なくはないんです。

 

 

 

アンプルールラグジュアリーホワイトを半年使った私のシミ画像。

私は頬のシミが酷すぎてずっと悩んでいました。
美容皮膚科で治療して消そうとも考えましたが費用が高い。そんな感じで手が出せなかったんです。

 

 

そんなときに、アンプルールラグジュアリーホワイトの事を知りまずはトライアルセットから使ってみる事にしました。

 


ハイドロキノン入り化粧品は、合う合わない人にわかれるという事を聞いた事はありました。
だから自分の肌に合うかな?という感じでトライアルセットから試しました。
全部超敏感肌な私にも問題無く使える化粧品でしたが、アンプルールのライン使いは保湿力が弱いな〜という感覚。

 

 

ハイドロキノンの副作用は乾燥です。
これはハイドロキノン入りの化粧品には切っても切れない事。保湿が足りないと思ったら保湿をすれば何の問題もありませんが、乾燥していると感じているのにそのまま放置する人が多い為アンプルールで痒みが出たとかそんな口コミが全体の1割程度あります。アンプルールは保湿さえしっかり気にしていれば何のトラブルもなく使用できます。

 

 

 

私は、アンプルールはライン使いせずに、頬のシミを一点集中させて消したかった為アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110を定期便で契約し購入しています。アンプルールは公式サイトで購入するのが一番安いし安心だから。何かトラブルがあるとすぐに相談に乗ってくれるから。

 

しかし私の目的は頬のシミ。
アンプルールを使う前の私の頬はこんな感じでした。

シミがあると本当老けて見える。そしてここまでくればコンシーラーでも隠しきれない。本当コンプレックスでした。

 

 

そしてアンプルールを使用して半年後・・・

 


ここまでアンプルールを使ってシミが改善されています。
まだうっすら残っていますが、あと半年・・・いや1年使いこんでいくとすっかりシミは消えるんじゃないか?とワクワクして毎日使っています。

 

【まとめ】アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルール ラグジュアリーホワイトは、顔全体の美白を集中的にケアしていくのか、シミのケアを1点集中していくのか、自分の好きなケアを取り入れる事ができます。今使ってる基礎化粧品にプラスして使うのも良いと思います。

 

 

私は、アンプルールライン使いは保湿力が足りないので、保湿は米肌を使って保湿をしています。
これで私はアンプルールのハイドロキノンの副作用もなく、シミ改善にむけてアンプルールラグジュアリーホワイトを使っています。

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズで、美白、シミケアをしていこうと考えているのであれば、まずはアンプルールトライアルセットで自分の肌に合うかどうかを試してから普通サイズを購入していくといいですよ。

 

 

肌が極端に敏感な人は、かならずパッチテストをしてから使用する事をオススメします。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top