アンプルール 敏感肌

アンプルール 敏感肌の人が使う時の注意点。コレ知らないと危険すぎ!


アンプルールはドクターズコスメ。医師の高瀬聡子先生が開発したシミ・美白ケアに特化した基礎化粧品。そしてアンプルールにはビタミンCやコウジ酸やアルブチンの100倍の美白効果があるハイドロキノンを高濃度に配合しているので、シミ・美白ケアには最適な基礎化粧品なんです。シミの消しゴムと異名の名をもつほど

 

 

 

その美白効果が口コミから広がり。SNS上でも美白ケアといえばアンプルールといった感じで愛用者は絶えません。アンプルールでシミが薄くなった、改善されたという人は多いんです

 

 

アンプルールのハイドロキノンは他のハイドロキノンよりは肌には低刺激なんです。

アンプルールのハイドロキノンは、医師の高瀬先生が従来のハイドロキノンだと肌に刺激が強すぎるので、ハイドロキノンを「マイクロカプセル化」にし、ハイドロキノンの浸透パワーとスピードをコントロールしながら、シミの原因である「メラニン」が生成されるメラノソームまでハイドロキノンの美白効果を運んでくれるんです

 

 

マイクロカプセル化する事によって、一気に肌に触れないので肌の刺激が軽減されています。

 


から、他のハイドロキノン入り化粧品を使用するよりはよりは、アンプルールの新安定型ハイドロキノンは安全という事になります。

 

今までハイドロキノン入り化粧品で肌荒れした人は、アンプルールの新安定型ハイドロキノンであれば使えるという人も少なくはないんです。

 

 

アンプルール 敏感肌の人が使う時の注意点!コレ知らないと肌荒れリスク高

アンプルールに配合されているハイドロキノンは、新安定型ハイドロキノンに改良されているとはいえ、肌に本当にないのか?という疑問は残るかと思います。

 

 

 

アンプルールの口コミで、肌荒れした、肌に痒みが出たと言っている人の殆どは敏感肌の人なんです。
敏感肌の人は使えないのか??と聞かれればそうではありません。
ある事に気をつければ、敏感肌の人でも問題なくアンプルールを使えるんです。

 

 

アンプルールに配合されている有効成分のハイドロキノン。ハイドロキノンには副作用があります。
それは乾燥。アンプルールを使って乾燥しているような気がするとほおっておくから、痒みや炎症に繋がるんです。

 

 

アンプルールはしっかり保湿に気をつけていれば肌荒れするリスクはかなり抑えられます。
よっぽどアンプルールに配合されている成分が肌に合わないという人じゃないかぎり、アンプルールは使っていけます。

 

ページの下部に全成分を記載しています。

 

 

そのためには、アンプルールを敏感肌の人が試す際は一通りパッチテストをして使わなければなりません

 

 

アンプルールには、全て試せるトライアルセットがあるので、一通り肌に合うか合わないかをパッチテストしながら、大丈夫そうであれば顔全体に使ってみて、さらには乾燥が気になりだしたら手持ちの保湿クリームでもいいので保湿してあげてください

 

 

アンプルールはライン使いしなくても単品使いでも十分効果はあります。
顔全体の美白をしたいのであれば、アンプルールの化粧水を、シミを一点集中したいのであれば、アンプルールのシミ集中美容液を使えばいいんです。私はシミを一点集中ケアをしていきたかったので、アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110を単品使いしています。

 

 

 

私も敏感肌なので、アンプルールをライン使いしたかったんですが、乾燥したので他の基礎化粧品は保湿力が高いものを、そしてシミケアはアンプルールラグジュアリーホワイトの中でも高濃度にハイドロキノンが配合されている、コンセントレートHQ110を継続使用しています。

 

 

 

「アンプルールを使ったら肌荒れした」とか思うのではなく、肌荒れしたのは本当に肌に合わないだけなのか?乾燥してただけで保湿力を足せば使えるんじゃないか?などアンプルールを辞める理由を探すのではなく続ける理由を探すのが美肌の近道です。保湿を足しても、単品使いしても肌荒れしてしまうのであれば、そこで本当に自分の肌と合わないんだなと思う方がいいです。

 

 

アンプルールのラグジュアリーシリーズは美白・シミ改善効果が本当高いと人気です。
有名雑誌に度々掲載されるほど。そして世界も認めるモンドセレクションも受賞しているので信頼度は高い基礎化粧品という事がわかると思います。

 

 

 

まずはアンプルールトライアルセットで肌に合うか試してみましょう。

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

page top